良い睡眠を取るためにはどうすべきか? - HAPIVERI

良い睡眠を取るためにはどうすべきか?

十分な睡眠をとることは、健康と幸福感を得るために不可欠なものです。人が必要とする正確な睡眠時間は、年齢やライフスタイルなどの要因によって異なりますが、ここでは良い睡眠時間のための一般的なガイドラインを紹介します。


大人は、仕事など最高のパフォーマンスを発揮するために、平均7~9時間の睡眠を必要とします。しかし、人によっては6時間から10時間程度と適した時間が人それぞれあります。

10代の成長期は、大人になるための成長と発達をサポートするために、一般的に8時間から10時間の睡眠が必要です。

幼児は11~14時間、学齢期の子どもは9~11時間の睡眠が必要です。

高齢者の場合、若年層よりも若干睡眠時間が短く、7~8時間程度で十分とされているようです。


睡眠の質は量と同じくらい重要です。睡眠の質を高めるためには、睡眠スケジュールを一定に保つ、リラックスできる睡眠環境を整える、就寝前の電子機器を避けるなど、睡眠衛生を良好に保つことです。


さらに、自分の体の声に耳を傾け、一晩寝た後の体調に気を配ることも大切です。目覚めがすっきりとしていて注意力がある場合は、十分な睡眠がとれている可能性があります。しかし、疲れを感じたり、ぐったりしたりする場合は、より安眠できるように睡眠習慣を調整する必要があるかもしれません。

ブログに戻る