blog

良い睡眠を取るためにはどうすべきか? - HAPIVERI

良い睡眠を取るためにはどうすべきか?

十分な睡眠をとることは、健康と幸福感を得るために不可欠なものです。人が必要とする正確な睡眠時間は、年齢やライフスタイルなどの要因によって異なりますが、ここでは良い睡眠時間のための一般的なガイドラインを紹介します。 大人は、仕事など最高のパフォーマンスを発揮するために、平均7~9時間の睡眠を必要とします。しかし、人によっては6時間から10時間程度と適した時間が人それぞれあります。 10代の成長期は、大人になるための成長と発達をサポートするために、一般的に8時間から10時間の睡眠が必要です。 幼児は11~14時間、学齢期の子どもは9~11時間の睡眠が必要です。 高齢者の場合、若年層よりも若干睡眠時間が短く、7~8時間程度で十分とされているようです。 睡眠の質は量と同じくらい重要です。睡眠の質を高めるためには、睡眠スケジュールを一定に保つ、リラックスできる睡眠環境を整える、就寝前の電子機器を避けるなど、睡眠衛生を良好に保つことです。 さらに、自分の体の声に耳を傾け、一晩寝た後の体調に気を配ることも大切です。目覚めがすっきりとしていて注意力がある場合は、十分な睡眠がとれている可能性があります。しかし、疲れを感じたり、ぐったりしたりする場合は、より安眠できるように睡眠習慣を調整する必要があるかもしれません。

瞑想はどういう効果があるのか?その歴史も探ってみました! - HAPIVERI

瞑想はどういう効果があるのか?その歴史も探ってみました!

瞑想は、何千年もの間、様々な目的のために行われてきた実践法です。特定の対象や思考、活動に集中するよう心を訓練するもので、精神的に明晰で内なる平和の状態を達成することを目的としています。

バターコーヒーはどうしてアメリカで人気なのか? - HAPIVERI

バターコーヒーはどうしてアメリカで人気なのか?

バターコーヒーは「防弾コーヒー」とも呼ばれ、健康やエネルギーを高める飲み物として販売されているため、米国では人気のある飲み物です。コーヒーに牧草で育てたバターやココナッツオイルなどの健康的な脂肪を加えることで、クリーミーで腹持ちがよいとされています。

MCTオイルとは何か? - HAPIVERI

MCTオイルとは何か?

ヘルス&ウェルネス界で人気を博している脂肪の一種、中鎖トリグリセリド(MCT)についてお話します。MCTは、特定の食品やサプリメントに含まれるユニークな脂肪の一種です。今回は、MCTの利点と、食事に取り入れる方法を探ります。

免疫力を高め、日常に必要不可欠なビタミンD - HAPIVERI

免疫力を高め、日常に必要不可欠なビタミンD

免疫力を高めるためにビタミンDを積極的に摂る必要がある ビタミンDは脂溶性ビタミンの一種で、丈夫な骨と全身の健康を維持するために不可欠な栄養素です。この記事では、ビタミンDの利点と、ビタミンDを十分に摂取する方法について探っていきます。 ビタミンDの効能 ビタミンDは、丈夫な骨や歯に必要なカルシウムの吸収を助ける働きがあります。 また、骨量減少、骨折、骨粗鬆症の予防にも役立ちます。 ビタミンDは、現在進行中のパンデミック時に特に重要な、免疫機能の向上と関係があるとされています。 ビタミンDは、乳がん、結腸がん、前立腺がんなど、特定のがんのリスクを低減する可能性があることを示唆する研究もある。 また、ビタミンDはインスリンレベルを調整する役割も担っており、糖尿病の予防に役立ちます。 ビタミンDを十分に摂取する方法 ビタミンDの最も自然な供給源は日光です。皮膚が紫外線B(UVB)を浴びると、体内でビタミンDが生成されます。 しかし、体内で生成されるビタミンDの量は、住んでいる場所、時間帯、季節など、いくつかの要因に左右されます。1日に10~15分程度、週に数回、日光を浴びることが推奨されています。 また、サーモンやマグロなどの脂肪分の多い魚、卵黄、強化乳製品などの特定の食品からもビタミンDを摂取することができます。しかし、食事だけで十分なビタミンDを摂取するのは難しいため、サプリメントを利用することが推奨されています。 ビタミンDのサプリメントは市販されており、錠剤、カプセル、ドロップなど、さまざまな形状があります。ビタミンDの1日の推奨摂取量は、年齢、性別、その他の要因によって異なりますが、ほとんどの成人は1日あたり約600~800IUが必要です。 結論として、ビタミンDは全身の健康と幸福のために重要な栄養素です。日光、食事、サプリメントを組み合わせて十分な量を摂取することが重要です。ビタミンDのレベルや摂取量を増やす必要があるかどうかについては、かかりつけの医師に相談されることをお勧めします。

ビタミンB1不足が引き起こす脚気。戦時中に多くの死者を出した勘違いのパンデミック - HAPIVERI

ビタミンB1不足が引き起こす脚気。戦時中に多くの死者を出した勘違いのパンデミック

国民病と呼ばれ、多くの死者を出した脚気 脚気は足の病気で中国でも3~4世紀ごろ、日本でも平安時代には発見されていた病気です。症状が深刻化すると死に至る病気で、当時は伝染病だと言われていました。季節は夏に多く、若い男性に発病することが多いため、乱世の時代に首脳陣は頭を悩ませていたようです。 症状は疲れやすくなり、足が麻痺、神経痛が出始め、浮腫が出ます。症状が進行すると脈が速くなり心不全で死に至ります。 ご褒美と引き換えに病気になる「江戸患い」 江戸時代には参勤交代という制度がありました。江戸幕府は「ほど良い貧乏状態」が平和を招くとわかっていたので、地方から反旗を翻すことがないよう、コストがかかる江戸幕府までの出向を命じていました。 この江戸幕府滞在中に、侍が脚気になって帰ってくるところから「江戸患い」と呼ばれていました。ちなみに徳川家も脚気を患いに死に至っている将軍がいて、明治天皇も治りましたが、脚気になっています。 日清戦争と日露戦争で多くの死者を出した原因は脚気 脚気の原因は銀シャリ(白米)でした。当時は伝染病だと考えられたため、まさか国民の御馳走が病気を引き起こしているなどどは考えられなかったようです。明治時代に入っても毎年1万人前後死者を出していたため、結核と並んで恐れられていました。 日清戦争と日露戦争では成果を上げますが、数多くの戦死者を出しています。日清戦争は戦死者977人に対し、脚気患者は3万人、死者は1860人。日露戦争は戦死者が約4万6000人に対し、脚気患者は約25万人、死者は2万7000人という凄まじい数でした。日清戦争に限れば戦死者よりも脚気で亡くなった人数が上回っています。 海軍は高木兼寛に対策を当たらせ、白米が原因であることを発見しました。そこで海軍はパンや肉食の西洋食に変更します。明治天皇や伊藤博文もこれに倣い、脚気予防に効果を出していきました。しかし陸軍は感染症説を頑なに変えず、前述の通り悲惨な結果を出すことに繋がります。 ビタミンB1を食べることで予防になる 白米ばかりを食べることで引き起こされる脚気ですが、対策はビタミンB1を摂取することで予防できます。ビタミンB1は豚肉や大豆に含まれます。当時は豚肉を食べる習慣が日本人にはなかったので、白米が国民病を引き起こす原因となっていました。また若い世代の男性はエネルギー生産量が多いため、細胞のエネルギー生産に関わるビタミンB1が不足することが原因で脚気が多発しました。エネルギー生産量が、女性より男性が多いことが、性別にも差が出ていた要因です。 現代では様々な食事が取れますが、炭水化物ばかりを食べていると、「脚気なりかけの状態」になりかねません。白米はどこに行っても出てくるので、食べない選択は難しいかもしれませんが、ちょうどよく栄養を取れるように考える必要があります。

なぜ白米を食べてはいけないのか!?食べるならインディカ米でダイエット - HAPIVERI

なぜ白米を食べてはいけないのか!?食べるならインディカ米でダイエット

なぜ白米を食べてはいけないのか!?食べるならインディカ米でダイエット。

新商品「久留米絣ワークウェア」をMakuakeにて発売開始! - HAPIVERI

新商品「久留米絣ワークウェア」をMakuakeにて発売開始!

本製品は「働く女性を応援するワークウェア」です。 仕事や家事を頑張る女性が機能的で動きやすく、働きやすく、そして仕事終わりには高級レストランにも着ていける。そういう仕事着にもプライベートにも着ていける、魔法のようなワンピース型ワークウェアを開発しました。 そしてこの厳しい時代の中、社会に進出している女性の力になれるような商品にしようと考えました。 仕事のパフォーマンスを上げるために、優秀な仕事道具は欠かせません。多くのモノを所有する必要がなく、あらゆる場面で着用できる。そして着心地が良くて癒しもあり、仕事へのモチベーションも上がる逸品を作り上げました。